イボ治療:病院編

首と肩あたりにイボができて服がこすれて痛い!イボ撃退法

イボ治療:病院編

実際にどんなイボ治療があるのか、見てみることにします。
まずは医療機関にて行う、外科的治療方法についてお話しましょう。

 

イボ治療は、皮膚科、もしくは美容皮膚科で行います。
皮膚科でも出来るだけ跡が残らないような治療を行いますが、多少お値段が上がっても、仕上がりを重視したい、という方は、美容皮膚科がオススメです。
医療機関での治療全般に言えるメリットは、素早く治療できる、ということです。
皮膚科に行くと、焼き切る(液体窒素、レーザー)方法か、切除(医療用ハサミ)といった方法を用いて治療が行われます。
液体窒素(イボに液体窒素を塗って、意図的に低温火傷のような状態にして取り除く)や切除(医療用ハサミでパッチンとカット)する方法は、多くの場合、保険適用されますので、低料金での治療が可能ですが、液体窒素のように、しばらくの期間、複数回通院が必要になることもあります。

 

レーザーは、保険適用外ですので、治療費が高額になるのがデメリットですが、短期間で、比較的跡が残りにくいのがメリットとなります。
痛みが心配されますが、局所麻酔をして治療をしてくれるところもあるので、痛みに弱い方は、事前に医師と相談をしてから、治療を行いましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ