首イボ治療:服用編

首と肩あたりにイボができて服がこすれて痛い!イボ撃退法

首イボ治療:服用編

次にご紹介するイボの治療方法は、服用での治療です。
最大のメリットは、痛くないということとです。
外傷がないため、出血もありませんし、なにより自宅で出来る、という手軽さがあります。

 

ハトムギの外皮を取った状態のものを、ヨクイニンといい、イボ取りで代表的なものです。
このヨクイニンに含まれるコイクノライドという成分、これがイボに効果を発揮します。
手軽な方法としては、ハトムギをそのまま食べる、ハトムギ茶を飲む、ヨクイニンの含まれる漢方薬を飲む、といった方法があります。
そのまま食べたり、煎じて飲むと、食物繊維やミネラルなどの栄養素も同時に摂取できます。
漢方薬での摂取ですと、ヨクイニン以外の成分も配合された漢方を選べる、錠剤や顆粒といったものを選べば、いつでもどこでも摂取できる、といったメリットがあります。

 

ただ、外科的な治療方法と違い、服用したからといってすぐに完治はしません。
じっくりゆっくり、長期的な目で見ることによって、完治したり、イボが出来にくくなるような体質への改善が期待できます。
生活の中に、無理なく取り入れることができますので、イボ取り以外にも、免疫力アップ、保湿力アップといった予防の意味でも利用している方もいますので、外科的な治療後に利用する、という手もあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ