取れたら守ろう

首と肩あたりにイボができて服がこすれて痛い!イボ撃退法

取れたら守ろう

めでたくイボが取れた暁には、是非、お肌の保湿に心がけましょう。
保湿を高め、保湿力をアップさせることは、ほとんどのお肌トラブルを伏せぐことができます。
逆に言えば、コラーゲンや、プラセンタなどの美容液の成分として有名なものがたっぷり含まれた、高価な美容液を使うよりも、まずは、保湿と保湿力アップをすることが、スキンケアのはじめの一歩となるということです。

 

顔だけでなく、首周り、デコルテまで、たっぷり化粧水で保湿をしたら、すぐに乳液のバリアを張って、水分が逃げてしまわないように心がけましょう。
入浴の際、お肌をゴシゴシこすらない、というのも保湿には大切なことです。
某美肌で有名な女優さんは、タオルなどを使わず、少量の石鹸を手につけて体を洗う美容法を実践しているそうです。

 

現在の生活の中では、タオルでゴシゴシするほどの汚れが皮膚につくことはあまりなく、日々は手のひらで軽くこする程度で十分、タオル洗うのは、月に1回程度位で十分です。
確かに、考えてみると、顔を洗うときは力を入れずに洗うのに、体となったら、ナイロンに石鹸をつけてゴシゴシ、なんてのはちょっとおかしな話ですよね。
入浴中も、入浴後も、お肌の水分が逃げないような工夫をしてみましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ